フラップレス術式によるインプラント治療とは

フラップレス術式によるインプラント治療では、かなり負担を軽くする事が可能です。どうしても一般的なインプラント手術で必要となってくる、切る、剥離、縫い合わせる、ということを省略する事ができるようになるからです。その為、手術時間を短くできます。つまりは、身体に対する負担が軽くなる事を意味しているわけです。 フラップレス術式がお年寄りによい、と言うのはこうした点があるからと言えます。手術時間が短いと言う事になりますと麻酔も少なくて済むわけです。インプラント埋入において、まず切開をすると言うのが一般的になりますし、ドリリングなどが必要になるわけですが、それらが必要ないことになります。切開しないと言うことだけでも治療時間も短く出来るようになるのは自明の理と言えるでしょう。 短くできる、ということだけでも相当なメリットがあるといえるでしょうから、これは積極的に意識してやってみる価値があるといえるでしょう。